Who goes slowly goes far.

育児日記(と愚痴)です

帝王切開体験談

出産時のことをちょこちょこツイートしていたので、そのまとめ

第一子が緊急、第二子が予定の帝王切開だったのでその比較もしつつ。です。

『痛い』が多めです…苦手な方はお気をつけて…

 

 

とにかく空腹が辛かった。

漠然とした恐怖感はずっとあったものの、手術前はお腹が張ったりしていたので病院にいることが安心でもあり、何も食べてないからなのか頭はぼんやりだし、何とも言えぬふわーっとした感じで手術を待っていました。

1人目緊急の時には陣痛中3回も浣腸されたのに(地味に辛かった)、今回はなし。

なんとなく肛門辺りを圧迫される感じがあって、便意?アナタ便意なの?って感覚があるのにトイレに行っても出なくて、手術中出たらどうしよう…ってすごい不安でした。

 

前回は陣痛でそれどころじゃなくいつの間にか入れられていた尿管。

今回は冷静だったのでちょっと痛かった。

そして、自力で手術台に乗り(まっぱ)、先生が来るのを待っている時間が一番嫌だったです。怖くて手が震えた。

手術が始まってしまえば、もうされるがまま。

麻酔の注射、頑張ってじっとしていたつもりだけどビクッと動いてしまい、動かないでー!と怒られました。

注射は痛いというよりも、グーッと押される感じ。

 

2週間早く産んだのでとにかく体重が気になっていて、頭のそばにいた看護師さんが

「3000g超えだよ!元気に泣いてるよ!」

と教えてくれて心底ホッとしました。

チラッと見せてもらえたので名前を呼びかける。

最初に抱っこするのは看護師さんなので、せめて名前を。

 

縫合の時はもう眠いんだかダルいんだか寒いんだか…とにかく脳がぼんやり。

先生たちが腹を縫いつつ健康診断の話をしているのをぼんやり聞いていました。

寝ちゃいたかったけど、細かく「次は○○しますねー」「○○するけど大丈夫?」「吐き気は?頭痛は?」と声をかけられて眠れず「ハイー」「ハイー」と答えていた。

 

手術に付き添っていた夫が、新生児室の写真を撮って見せてくれました。

わー赤ちゃんって赤いね、可愛いね、小さいね、とか喋る余裕があるのはここまで…

麻酔が切れ始め、この後はひたすら痛い痛いタイムの始まりです。。。辛い。。。 

 

後陣痛は痛み止めも効きにくいんだよね、でも良い痛みだからね、頑張ろうね。

と看護師さんに励まされつつ、やっぱり術後は痛かった。

痛み止めの座薬を貰ってやっと寝ても、起きると1時間くらいしか経っていない、とか。

半日過ぎた頃には同じ姿勢で寝てるので腰とか背中とか別のところが痛くて、でも寝返りなんてとても出来ず悶絶、とか。

ついさっきまでお腹にいた人が今はいない、なんて余韻に浸る余裕もなくて、時間よ過ぎろ…!とただただ耐える初日。

 

同じ産院ですが1人目の時は術後2日から歩行、だったんですよね。

でも、早く動き出した分回復も早かった気がしています。

 

ネットで体験談読み漁ったんですけど、帝王切開の人って術後は普通電動ベッドみたいですよね。

回復室は手動で起き上がれるベッドだったけど、その後に移った病室は柵すらなかったよ!

3日間くらいは寝起きするのがマジ地獄でした。

ベッドのフチや点滴の棒?を支えにして腕の力でなんとか寝起きした結果、筋肉痛になりました。

 

痛かったランキング↓

1位:血栓予防の注射と、悪露チェックで腹を押された時

2位:傷の痛みと便秘と後陣痛のトリプル腹痛

3位:点滴漏れる

4位:乳張り

5位:乳マッサージ

注射が本当に痛くて、大人なのに涙目になりました。

術後すぐにお腹をグッと押されたのもすっごい痛くて思わず看護師さんの手を払ってしまったり。

便秘は経膣分娩の方たちが軒並み「辛い辛い」言っておられて、先生にも「あれ?アナタ帝王切開だよね?股間は無事だよね?」みたい反応されましたけどマジ辛かったです。

食欲もあったし水分も取っていたつもりだったんですが。

 

今は肩こり腰痛と、ミルトンによる手荒れのフェーズに入っております。

 

産後2日目の夜、あまりにあちこち痛くて、思わずGoogle先生に『帝王切開 産後 痛み』とか聞いてしまったりしました。

それで誰かの体験談を読んで、気持ちが落ち着いたり…

なので、自分のための記録と、誰かのためになったら良いなという気持ちで書いてみました。

 

あと個人的感想ですが、1人目の緊急帝王切開と比べるともの凄く楽に感じました。

多分『見通し』が立っていたせいかなと。

1人目は産まれる45分前まで手術になるとは思っていなかったし、帝王切開の知識もほぼゼロだったので。

なので、全ての妊婦さんに一度は帝王切開の説明があると良いんじゃないかなと思います。

こんな手順で、術後はこんな感じで、って知識があると緊急でも少しは楽になるんじゃないかな。

 

今回産まれてきたのは女の子なので、将来彼女が妊娠したいと思って、そのチャンスに恵まれたら、私の体験も話してあげたいなと思います。

もちろん息子にも、だけど。

この記事がその時役に立てば良いなあ。