Who goes slowly goes far.

育児日記(と愚痴)です

同居生活なう

一時的に母方祖父母と同居中の長男。

同居開始から少し経った現在、親子の関係性はものすごく変わりました。

 

良かったと思うこと

・お互いに煮詰まらなくなった

平日二人きりだと、子供が悪さして叱った時なんかものすごく険悪になるんですが

実家だとそれがないので気が楽です。

息子も私に怒られるとサーッとじいちゃん(大好き)の方へ行ってしまう。

怒るのは親の仕事かなと思うので、それで良いと思っています。

 

・息子からの呼び掛けが増えた

それまで、長男にとっての母はいつも隣にいる人で、時々思い出した様に・あるいはこちらが促すと「かーちゃん」と呼んでくれる程度だったのですが

今は大人が4人いるので(じーちゃん・ばーちゃん・叔母の○○ちゃん・私)、頻繁にかーちゃん!かーちゃん!と呼ばれる様になりました。

これがまた…悪くないんだな…つたない呼び方が可愛い…!(親バカ)

 

・言葉が激増した

スラスラ2,3語文を話すレベルには到底至りませんが、明らかに言葉が増えました。

これは保育園の一時保育に産前産後枠で通い始めたおかげ、でもあります。

おままごとの台詞とか見違えるほどうまくなりました。

挨拶は『必殺・オウム返し』でクリアしているので、今は質問に答える練習をしたりしてます。

「お名前は?」「何歳?」をじじばばと特訓中。

つたない「さんさい!」がまた可愛い!(親バカ)

 

ちょっと困ったこと

・お菓子やジュースのちょい食べちょい飲み問題

先述の様にとにかく「じいちゃん!じいちゃん!」になってしまい、元々子供好きで初孫を可愛がりまくってくれる我が父が、言われるがままにお菓子だのジュースだのをあげてしまったり、コンビニで好物を買ってきたり…

短い期間だし、息子も環境が変わったり色々我慢させてしまうので多少は目をつぶるつもりですが、食べることに関して明らかに我儘になっています。

冷蔵庫にはロックをつけ「おやつは3時だよ!」を言いまくってしつこく実践中。

 

・接し方が療育的じゃない?問題

それまでは本を読んだり療育の先生や発達の先生に言われたことを結構意識して実践していた、んですが、実家の人たちにまで強要する訳にもいかず。

特に母が、結構否定的な物言いをするのでちょっと気になる…

例えば「パンツはけなきゃお兄ちゃんになれないよ!」等、いかにもダメな叱り方の見本の様な…私もお姉ちゃんだからーって言われるの嫌だったから言わない様にしているのに…。

夫と3人の時からそうですが、息子が誰かに叱られている時は私が畳みかけることはせず、なるべくフォローに回るようにはしています。

私がフォローしていければ良いのかな?と思ったり。試行錯誤中。

ばあちゃんは怒ると怖いので、息子はすっかりビビっています。

ま、そういう人もいた方が良いよね。と前向きにとらえることにしてみる。

 

・妊婦がどんどん太る

沢山あるお菓子、美味しいご飯(身内に調理師1名)、外が寒い、はかどる昼寝

頑張ってきた体重管理が崩壊気味で、さすがに怒られそう…

里帰り先はあまり体重管理にうるさくないのも拍車をかけています。

 

最後のはただただ私が悪いだけですね…

全体的には、息子にとって良いこといっぱいあったのかな、と思っています。

今頃は保育園楽しんでいるのかな~?

連絡帳が楽しみです。