Who goes slowly goes far.

育児日記(と愚痴)です

てんやわんやの3歳検診

先日、3歳検診に行って参りました。

すでに3歳半過ぎてるんですけどね…

集団歯科検診も2歳〜って書いてあって案内が来たのは2歳半過ぎだったし、その辺のんびりした自治体だな。

 

療育で事前に複数のお母さん方と「検診どうでした?」って話をした結果、

結構大変だったと仰る人が多かったので、過保護ですが両親二人体制で行きました。

結果は大・正・解でした。

私一人だったら絶対無理だった…マジ大変だった…

 

・身体測定

・尿検査

・視力検査

・聴力検査

・歯科検診

・内科検診

保健師さんと面談

 

といった内容だったのですが、まともにできたのは

 

・身体測定(なだめすかしてやっと出来た)

・歯科検診(ギャン泣き・大人3人で押さえ込み)

・内科検診

・面談

 

のみでしたとさ。

この頃は療育や病院や幼稚園(導入保育)だとそこそこお利口に出来ていたので、ちょっと期待したりしていたのだけど、慣れない場所に慣れないことをしかも強要されるシチュエーションで、もう完全にダメでした。

ギアがダメに入ってましたね。

夫も終わった瞬間に「これ、来た意味、あった・・・?」と呟いておりました。

 

それでも、事前に療育へ通っている事などを伝えておいたので一番早い時間に回してもらっていて、待ち時間は普通の子より短く済んだ、っぽいです。

保健師さんもとても丁寧だったし。

中にはお母さんひとりで3歳児と下の子とを連れておられる方もいっぱいいて、両親でひとりの子供を連れているのは私たちだけで、己のひ弱さを実感したりもしました。

 

面談では、事前アンケートの

「育児で不安や悩みを抱えている(親)」

の欄を『いいえ』にしておいたら

「ここ…『いいえ』で良いんですか?」

って不思議そうに聞かれましたけど。

ありがたいことに、不安や悩みはあるけどそこまで抱え込んでないのかな、と。

面談では、来年度からの療育はどうするか?育児のことを相談する人はいるか?等、ほとんど保健師さんと私の2者面談な感じでした。

他の子達は、名前と年齢を聞かれたり、絵本を見ながらこれわかる?とか、いろいろ聞かれていた様子でした。

息子は普段なら出来ている挨拶や、この風船は何色?犬はどれ?なんて質問はガン無視でした…。

やれやれ、です。

 

普段は療育という『困ったちゃん集団』に紛れ込んでいるので、ああして同年代の中に放り込まれると途端に我が子の困ったちゃんぶりが浮き彫りになって、心身共に疲弊します。

後から聞いたら、中には「うちの子には無理ですから」って行かなかったお母さんもいたそうで…うちも行きたくなかったよ…

(検診は4歳の誕生日まで受けられるので、ギリギリまで行かない、って判断だそう)

 

あと、やっぱり親に余裕がないと子供も落ち着かないな、と実感。

余裕を持ってどっしり構えなくてはと思いつつも、なかなか難しいです。

自分で思う以上に「他人に迷惑をかけないようにしなきゃ!」という焦りがあるようで、ポーズとしていつも以上にキーキー怒ってしまったり。

ああ反省…。

 

そんな3歳検診でした。