Who goes slowly goes far.

育児日記(と愚痴)です

「違和感」について

どこの親御さんも一番気になるであろう、そして自分もよく検索していた、

「子供の発達に関する乳児期からの違和感」

についてまとめ

 

今思い返すと、特に0歳代はかなり手のかからない方だったと思います。

 

3ヶ月にして夜中のミルクはほぼなし。

(母乳は生後3週間頃にはさっぱり出なくなり、それ以降ほぼ完ミです)

生まれた時から大きくて、よく飲み・よく寝る赤ちゃんでした。

今でも睡眠に関しては全く問題がなく、生後3ヶ月以降に夜泣きで辛い思いをした経験は数える程しかありません。

私自身はなかなか寝ない子だったそうで、実母によく「孫ちゃんはなんて良い子なんだ、それに比べてお前は…」と恨み言を聞かされます。

2歳後半からほとんど昼寝をしなくなり、日中は休憩時間がなくて疲れますが夜の寝かしつけは15分以内で終わるので、その点は楽させてもらっております。

 

よく言われる目が合わないとか、抱っこされるのが下手、というのはあまり感じなかったです。

あやせば笑うし、特に0歳代は発達に関してあんまり心配しませんでした。

重くて重くて、基本はベビーカーで抱っこ紐オンリーの外出は滅多にしなかったから、ってのもあるかと思います。

それでもギックリ手前まで腰をやられました。

1歳を少し過ぎた頃から、初めて会う人(特に男性)とは頑なに目を合わせなかったり(顔を背ける、酷いと泣く)、おんぶしてもしがみつかなかったり、といった違和感がちょっと見えてきました。

親にはわりと甘えたり後追いしたりするので、人見知りかな?って感じる程度でした。

おんぶが下手なのは、療育に通い始めて随分改善されました。まだ下手ですが。

 

寝返り、ハイハイ、歩き始めはどれも遅かったです。

4ヶ月で寝返り。9ヶ月でハイハイ。歩き出したのは1歳半過ぎ。

おかげさまで1歳半検診にバッチリひっかかりました。

指差しもあまりしなかったな。

言葉がとても拙いので、クレーンは未だにあります。

 

発語はさらに遅く、手を挙げて「はーい」が出来る様になってからその次が出るまでがめちゃくちゃ長かったです。

喃語はゴニャゴニャよく喋ってましたが。

この辺で親(特に私)は「あやしい…」と思い始めていたのですが、第一子で男の子だということもあって誰に聞いても「そんなもんだよ」と言われる日々でした。

そんなもんかなぁ?と思いつつ時々思い出した様に発達相談に出掛けたりしていたのが早くから療育を受けるきっかけになったので、今思えば良かったなと思います。

 

卒ミルク及び離乳食は、育児本のお手本かの様に超スムーズに進み、幼児食手前くらいまでは何でも食べていたのですが、ふと気付くと全然野菜を食べない偏食っ子になっていました。

1歳なりたての頃は「味音痴なのでは…」とか言われていたのに、今じゃすっかりグルメ野郎です。

特に緑色の野菜は全て無理。

チャーハンやひき肉に混ぜ込む系の料理でなんとか食べさせています。

定型でも偏食の話は聞くので、よくいる野菜を食べない子レベルかと思います。

 

車を並べて横目で見るとか、グルグル回るとかはそれほどしません。

手押し車のタイヤをグルグル回したりしますが、そればっかりに長時間熱中しないし、それだけじゃなく本来の使い方で普通に遊びます。

ただ、どんな公園に行っても

遊具<<<<<<越えられない壁<<<石・砂

です。遊具で遊んだりボール投げたり、しない訳じゃないけど石と砂がめっちゃ好き。

 

パニックは、たまに起こすこともありますが、さほど持続しません。

切り替えが早いのか、諦めが良いのか。

最近は楽しい時に興奮してキャーキャー大声を出すことが増えてきて、ちょっと困ってます。

 

とにかくこだわりが強いのが洋服関係で、帽子はどうやっても被ってくれません。

自分で外せるようになった頃から帽子・ミトン・靴下は全て拒否!で、一貫しています。

靴も気に入った1足をひたすら履く。

寒くてもサンダルから靴への移行が大変だったし、困り果てて同じ靴2足買ったこともあります。

布パンツも断固拒否!なので、幼稚園は制服だしオムツ駄目だし…これは現在大変困っております。

 

お友達と遊ぶのはすごく苦手でしたが、最近は同じ場所で遊んだり、追いかけっこに混ざったり、促されて手に持ったものを「どうぞ」できることも増えてきました。

療育は、多少グイグイやってもやられてもお互い様な部分が多いのですが、幼稚園はそうもいかないので今から心配です。

 

よく見聞きする違和感について、簡単にまとめてみました。

もちろんこれは親の主観で、よそ様が見たらすごい違和感になる部分も毎日見ていて気付かない、のかもしれません。

 

とにかくうちの場合は「喋らない」ことが全てで、それ以外は日常に埋もれてしまう程度の違和感だった様に思います。

言葉の遅れ、というわかりやすい遅れ(ってのも変だけど)だったので、比較的早くから動くことが出来ました。

そして療育に通うことで、言葉が話せるようになれば全て解決!って訳じゃないことがよくわかりました。

 

今、子供の発達に何か違和感を抱えている人に言えることがもしあるとすれば、

・とにかくどこか専門機関に相談する

・一度相談して「大丈夫」と言われても、親がしんどくなったらまた相談する

が大事なのかな、と思います。

最初に相談してみた先相性悪いなって感じたら場所を変えても良いと思うし。

私は市の保健師さん以外に、子育て支援センターの人や、教育大でやってる発達支援なんかにも相談に行きました。

 

で、最後また同じ保健師さんに戻されたんですけど。

それでも、別の相談先を経由すると対応が全然違ったりします。

 

以上、違和感について、まとめでした。